ストローク

スポンサーリンク
テニス上達コラム

テニスを試合中に上達させる!本番で実力が出せない選手は必見の1ポイント

テニスは個人スポーツであり、その試合は非常にシビアなもの。どれだけ練習でギャラリーを魅了するようなプレーができても試合で実力を発揮できなければ残念ながらほとんど意味がありません。テニスの技術レベルが上達しても、試合で発揮できるかは別の話...
テニス上達コラム

テニスで上達させる為、フットワークが嫌でも向上してしまう簡単テク

テニスが上達する人としない人の差は何なのか? 上級クラスと初中級クラスの人は一体何が違うのか? 球出し練習などである程度のショットを安定して打てるにも関わらず、試合になると思うように打てなくて負けてしまう人はとにかく多いです。「...
テニス上達コラム

テニスを上達させる為に、”一番初め”に取り組むべきコト

テニスはラケットでボールを打つスポーツ。試合で勝つために、ラリーでミスをせず続けるためにはまずボールラケットの真ん中に当てるのが大前提となります。どれだけ美しいフォームでも真ん中に当たらなければお門違いな方向へボールが飛んでいってしまい...
テニス上達コラム

練習しない方がテニスが上達する人の特徴とは?一皮剥ける為のヒント

「練習しない方がテニスが上達する」 あなたの周りにそんな人はいませんか?実はテニスをしている人の中ではそういった人も少なからずいます。ただ、1年単位で長期間のブランクがある場合は残念ながら腕が鈍ってしまう可能性が高いです。 ...
テニス上達コラム

テニスが上達したと思ったら、不調に陥ってしまったときの”戻し方”

「昨日は調子が良かったのに、今日は全然ダメ…」 「テニスが上達したと思ってたら、気づけばまた元通り…」 あなたにもこんな経験はありますか?私自身テニス歴は10年以上になりますが、特に学生時代はほとんどこの繰り返しでした。突然調子...
テニス上達コラム

テニスを上達させたい社会人週末プレーヤー必見!即効性のあるワンポイント

テニスは人によって上達スピードに個人差が凄まじく、テニス人口を見ると「上級者」と呼べる人間はほんの一握りで、「長年練習しているのにテニスが上達しない」と悩んでいる方が非常に多いのが現状と言えるでしょう。 特に社会人になると学生時代...
テニス上達コラム

テニスを上達させるために”必ず”出来なければならない大切な事とは?

「練習しているのに、テニスが一向に上達しない」 テニス歴の浅い初心者や初級者を除いて、相応の時間をテニスにつぎ込んでいるにも関わらず、いつまでも初中級・中級レベルを抜け出すことができずテニスの上達で悩み苦しんでいる選手は多いです。...
テニス上達コラム

テニスの楽しさを2倍に!フォアハンドの強打を安定させるたった1つの基本

「テニスの調子が悪い」。あなたは何をもってその日のテニスの調子が悪いと判断しているでしょうか?多くの場合は、フォアハンドの調子の良し悪しで判断しているものです。その理由は実際に最も打つ機会が多いショットがフォアハンドであることから来てい...
テニス上達コラム

【自分のテニスの幅を3倍に】バックハンドのコツ(片手打ち編)

「バックハンドが苦手」。そういったテニスプレーヤーは技術レベルに関係なく多いものです。テニススクールの上級者クラスでも、ポイント形式の練習や試合などでバックハンドを狙われ、格下にストレート負けを喫してしまう、なんと事例は多いです。 ...
テニス上達コラム

【ちゃんと見てる?】嫌でもテニスが上達する”斬新なボールの見方”

テニスにおいて「フォーム」とは表面的な要素ではありますが、だからといって疎かにしていいわけではありません。日本の指導方法にはフォームに関する様々なアドバイスやメソッドが存在します。この技術的アドバイスは決して無駄ではなく、むしろ人によっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました