テニス上達教材 テニス上達教材比較

テニスのフォアハンド上達教材比較!安定したストロークを身につけて上のステージへ


フォアハンド上達教材比較
テニスのフォアハンドの上達に悩むプレーヤーは多いです。

「日によって調子の波が激しい」
「色々と考えすぎてしまい、不調の波に陥りやすい」
「上手く当たらず、ボールにパワーが伝わらない」

そんなフォアハンドの悩みを解消できるイチオシの上達教材をピックアップしてみました。

確固たる指導実績のあるコーチや元選手の実体験に基づいた教材なので、内容もシンプルで簡単に実践可能

上達に伸び悩む初中級者でもこれからテニスを始める方でも、フォアハンドの安定性やパワーを劇的に飛躍させることができます。

アマチュアで質の高いテニスをするプレーヤーも、裏ではこういった上達教材を参考にしている方も珍しくありません。

このページでは、フォアハンドを安定させる秘訣人気のフォアハンド上達教材など、真剣にテニスを上達させたい方向けの情報をご紹介していきたいと思います!

人気のおすすめ上達教材を比較

まずは、多くのテニスユーザーに利用されている人気のフォアハンド上達教材を3つほどご紹介します。

それぞれ特徴が異なりますので、まずは下記のまとめで基本情報を確認し、公式HPで雰囲気を感じてみてください。

石井弘樹元プロ直伝のフォアハンドストローク上達法

石井弘樹のフォアハンド教材 石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編
特徴
  • 短時間でフォアハンドをレベルアップ可能
  • 試合本番で安定したフォアを身に着けられる
  • 年齢や性別に関係なくスピンを習得できる
  • 自宅でできるトレーニングメニューも紹介
メリット
  • 短時間でフォアハンドをレベルアップ可能
  • 試合本番で安定したフォアを身に着けられる
  • 年齢や性別に関係なくスピンを習得できる
  • 自宅でできるトレーニングメニューも紹介
デメリット
  • DVDのバラ売りはしていない
  • 情報量が多いので取捨選択が大切
販売価格 19,800円(税込)
一言レビュー フォアハンドの不調を脱し、一皮むけるヒントが詰まっています!情報量が多いので、この中から自分に見合ったポイントを選んで取り入れるのが効率的だと感じました。
公式サイトURL http://soleo.co.jp/tennis-forehand/

荒井流フルスイングテニス塾~『ワイパースイングZERO』~

荒井流フォア教材1 新井流フルスイングテニス塾
~『ワイパースイングZERO』フォアハンド編~
特徴
  • 杉山愛選手公認コーチ直伝
  • 初心者~初級者向け
  • ワイパースイングの基礎に特化
  • あくまでフルスイングで安定させる
メリット
  • 内容がシンプルで実践しやすい
  • フルスイングで気持ちよくラケットが振れる
  • 1人でも練習できるメソッド公開
  • 90日間の返金保証付き
デメリット
  • 初心者~初級者向けなので中級者は対象外
  • 他の球種(フラットやスライス)への応用は利かない
販売価格 12,800円(税込)
一言レビュー 基本的には初心者~初級者向けの内容です。テニスを始めたばかりでフォアハンドの上達スピードを高めたい方にイチオシの教材だと思います!
公式サイトURL http://www.fullswing-tennis.com/zero/infotop.html

荒井流フルスイングテニス塾~『ボールを叩き込むフォア』~

荒井流フォア教材2 新井流フルスイングテニス塾
~ボールを叩きこむ!実戦ワイパースイング フォアハンド編~
特徴
  • 中級者以上向け
  • 攻撃的なショットの強化に特化
  • ライジングショットの基礎を解説
  • 内容が非常にボリューミー
メリット
  • 試合本番での決定力が劇的UP
  • 攻撃のバリエーションが増える
  • 緩急の付け方が分かる
  • 90日間の返金保証付き
デメリット
  • 内容が初心者~初級者には不向き
  • メールサポートの期間が少し短い(30日間)
販売価格 21,800円(税込)
一言レビュー 『ワイパースイングZERO』の中級以上向けというイメージですが、「オープンレベルの草トーで勝てない」という方には非常に有効だと思います!今まで競り負けたりゲームが取れない相手に打ち勝つヒントが詰まっている筈です。
公式サイトURL http://fullswing-tennis.com/waiper/infotop.html

何故?テニスのフォアハンドが上達しない最大の理由

フォアハンドのネットミス

上記でご紹介したフォアハンド上達教材のなかでも、一番の人気教材は「石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編」です。

「この教材をきっかけにフォアハンドが劇的上達した」と人気の理由を、ここからご紹介していきます。

情報の多さがフォアハンドの上達を阻害している

フォアハンドが安定しない、上達しない最大の理由としては「上達に役立つ情報が多すぎる」という点が挙げられます。

両手打ちバックハンド等と比較して腕の自由度も高く、技術的なアドバイスも人によって異なります。1つのアドバイスが10人に適切な効果を発揮するとは限らないのがテニスです。

石井氏の教材はこの点を踏まえたうえで、内容がシンプルで実践しやすい印象を受けました。

ショット安定させることを大前提としたメソッド

テニスは試合のほとんどが自分もしくは相手のミスショットで成り立っています。さらにフォアハンドはテニスの試合において、打つ球数が最も多いショットです。

だからこそ、試合でのイージーミスの数は結果を大きく左右し、1球でも多く返した選手が試合に勝つのです。

練習で上手く打てたとしても、試合で使いものにならなければ意味がありません。

エースを決めるのでなく「ショットを安定させること」を大前提としたメソッドが、草トーで優勝を狙いたいプレーヤーにとっては大事な要素が詰まっている教材と言えるでしょう。

ベースのショットを安定させたうえで球種を増やす

石井弘樹氏の教材ではトップスピン、フラット、スライスの3種類について解説しています。

ラリーでのベースショットとなるフォアハンドのトップスピンを身に付けた後、球種のバリエーションも増やせるように試合での展開を意識した内容だと言えますね。

フォアハンドが安定しない場合はまず安定したトップスピンを身に習得し、試合経験などを通じて自分のできることを少しずつ増やしていくと効率的でしょう。

初心者~初級レベルなら荒井流フルスイングテニス塾で基礎を磨こう

荒井流フルスイングテニス塾~『ワイパースイングZERO』~」はテニスを始めて日が浅い、初心者~初心者向けの教材です。

一部では「ワイパースイングは良くない」という見方もありますが、むしろワイパースイングを推奨しているプロは多いです。

過去に管理人自身もグランドスラム出場経験のあるプロにプライベートレッスンで教わった経験がありますが、そこで初めに教わった基本ショットも「ワイパースイング」でした。

まだ自分のテニスが固まっておらず、癖などもすぐに矯正できる範囲であれば、「荒井流フルスイングテニス塾~『ワイパースイングZERO』~」で今後のフォアハンド上達スピードを加速させましょう。

基礎を習得してまえば、そこから先は練習あるのみです。

一時的に上手くいかなくなることもありますが、そういった時期でも基礎を意識し続けることで本当の意味で身体に覚えさせることができます。

勝つまで後1歩!「叩きこむフォアハンド」で勝利を掴め

「オープンレベルの大会でラリーはできるけど、結局勝てない」
「ある程度のショットは打てるけど、勝つ為に何かが足りない」

そんなあなたには、「新井流フルスイングテニス塾~ボールを叩きこむ!実戦ワイパースイング フォアハンド編~」が最もニーズの合う教材になると思います!

この教材は基本的に中級者もしくは中上級者向けの内容になっています。まだテニスを始めたばかりのレベルにはオススメしません。

試合のレベルが高くなると、「ただミスをしない」だけのテニスでは勝つことができなくなります。

いかに相手を走らせて時間を奪い、相手のミスを誘うか自分からポイントを取る展開を作れるかが問われます。

新井流フルスイングテニス塾~ボールを叩きこむ!実戦ワイパースイング フォアハンド編~」は、オープンレベルの草トーに出場していてあと一歩勝てない方にとってはとても有意義な内容です!

・チャンスボールを確実に決める
・ベースラインからでも相手の態勢を崩す

こういった決定力を身に着けることで、上位に勝ち進むことができるようになるでしょう。

まとめ

今回ご紹介した3つのフォアハンド上達教材を改めてまとめてみましょう。

教材 対象者
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES
vol.1 フォアハンドストローク編
・フォアハンドの調子の波が激しい人
・試合になるとラリーのミスが早い人
・初級~中上級レベルの人
・試合で勝ちたい人
荒井流フルスイングテニス塾
『ワイパースイングZERO』
・初心者~初級者
・これからテニスを上達させたい人
・攻撃的なトップスピンを身に着けたい人
新井流フルスイングテニス塾
ボールを叩きこむ!実戦ワイパースイング
・中級以上
・チャンスボールが苦手な人
・自分からポイントを取りたい人
・オープンレベルの草トーで勝ちたい人

このように、ご自身のテニスの現状に合った教材を選ぶのがポイントです。

どの教材も実績と名声のあるコーチが手掛けていることもあり、内容も非常に充実していてわかりやすくなっていると感じました。

確かにこういった内容は、テニススクール等では中々教えてくれません。

何をやってもフォアハンドが安定しない」というあなたは、これらの教材の中に特効薬が眠っているかもしれません。

自分に最適な要素をテニスに取り入れて、今よりもさらに上のレベルへ行きましょう!

-テニス上達教材, テニス上達教材比較

関連記事

テニスのダブルス

【全日本テニス選手権複優勝者直伝】ダブルスを劇的に上達させる”バイブル”

「ダブルス上手くなりたいけど、なかなか勝てない」 「自分のリターンが毎回相手のポーチに引っかかってしまう」 「ボレーが決まらず、チャンスでミスをしてペアの足を引っ張ってしまう」 「ラリーでの効率的な展 …