テニスを上達させる為に、”一番初め”に取り組むべきコト

ボールタッチの感覚
テニスはラケットでボールを打つスポーツ。試合で勝つために、ラリーでミスをせず続けるためにはまずボールラケットの真ん中に当てるのが大前提となります。どれだけ美しいフォームでも真ん中に当たらなければお門違いな方向へボールが飛んでいってしまいます。

大げさな例えですが、光の速さでラケットを振り切ることができても、ボールが真ん中に当たらなければ色々と大変なことになってしまうわけです。特にテニスを始めたばかりの初心者だと、「何から始めたらいいのかわからない」と思うのは当然です。

・ラケットの握り方
・ストローク、ボレーの構え方
・ラケットの振り方
・足の使い方

どんなスポーツでも、上達させるためにやるべきことや技術的要素は無数に存在します。人間は1つのことにしか集中できないので、テニスを始めていきなり複数のことを同時に意識するように言われたところで、実践できるわけがありません。

なので今回は、タイトル通りテニスを上達させる為に一番初めに取り組むべき、できるようになった方が良いコトを考えてみましょう。ラケットの握り方などは人によって好みなどもあるのでここでは触れません。

どうすれば最短でテニスが上達するのか?どうすればストロークをはじめとするあらゆるショットが安定するのか?難しく考えすぎないことがコツです。それを踏まえた上で、あなたのテニスを上達させる為にやるべきことを見直してみましょう。

・これからテニスを始めようと思っている
・最近テニスを始めたばかり

そんなあなたは是非、お役に立てて頂ければ幸いです。また、ある程度のキャリアを持っても現状ショットが安定せず、テニスの上達に悩んでいる方も、一度改めて見直してみると思わぬ収穫があるかもしれません。

ラケットの真ん中に当てることだけを考えてラケットは振らない

冒頭でも少し触れましたが、まずはテニスボールをテニスラケットの真ん中にしっかり当てる感覚を身につける必要があります。なので、ラケットワークなどは二の次です。初めのうちはスイング、フォロースルーなどは一切不要。

一昔前のウッドラケットならまだしも、現代におけるテニスラケットはハイテクです。ボールは基本的に、ラケットの真ん中に当たりさえすればわざわざ振り切らなくても勝手に飛んでいってくれます。

テニスラケットの進化は、近年のプロテニス選手の選手生命が伸びている理由の1つとも言えるかもしれませんね。力が無くても、ラケットが飛ばしてくれている為です。

ラケットを振る必要はありません。フォアハンドでボールを当てたら、ラケットが身体の左側(右利きの場合)まで持っていかないように注意しましょう。そこまでラケットを持っていくと回転がかかってしまいます。

まずラケット面の真ん中に当てる感覚を磨くには、中途半端に回転をかけず、フラットに柔らかく当てるようにしましょう。

ロングラリーになったら体重移動を使ってボールを飛ばす

ミニラリーで真ん中に当てられるようになったら、少しずつ距離を開いていきましょう。ですが、距離が長くなったからといってラケットを振ってはいけません。ラケットを振るのではなく、体重移動を使ってボールを飛ばす練習をしましょう。

例えばフォアハンドの場合、身体を横向きにした時点では右足に体重がかかるかと思います。そしてボールを打つときにはその右足にかかっている体重(重心)が自然と逆の足に移動するはずです。

この体重移動を使って、尚且つボールをラケットの真ん中に当たれば、ラケットをフィニッシュまで振り切らなくてもボールはしっかり相手の元へ飛んでいきます。ベースラインでの打ち合いでも、体重移動を使えば飛距離的には問題なく打てるのです。

相手が速い球を打ってきた場合も同様です。体重移動を打球タイミングに合わせて且つ真ん中に当たれば、相手の球威をそのまま利用した力強いショットを簡単に打てるようになってきます。

真ん中に当てる感覚に慣れてきたらラケットは振ってもOK

しっかりボールを真ん中に当てられるようになったら、ラケットは振っても大丈夫です。このボールタッチを身につけるかつけないかで、その後のテニスの上達スピードはまるで異なります。一番初めのこの感覚を身につけておけば、一通りのショットが打てるレベルまでにテニスが上達するまでの苦労は減ってきます。

ちなみにアメリカではこの「真ん中に当てる」感覚を最初に身につけさせるために、テニスを始めるときはストロークではなくボレーから先に教えるスクールが多いのです。当たるようになってからラケットを振って回転をかける練習をした方が効率的だと言えるでしょう。

ただ、振り切る際も手首をこねず、真ん中に当ててボールを押し出すイメージを持ちましょう。手首をこねると打球に重みもなく、ネット下段に直撃したりするリスクが高まります。特に厚い握りで打っている方は注意が必要です。

まとめ

サーブもストロークもボレーやスマッシュも、テニスのショットは全てボールがラケットの真ん中に当てることが大前提です。テニス界のレジェンドであるロジャー・フェデラーが普段のテニスで意識していることを聞かれると、「とにかくボールを最後まで見るように心掛けている」とコメントしたのも、真ん中に当てることを大切にしている表れかもしれません。

なるべく短期間でテニスのレベルを上げたい方も、練習しているのにテニスが上達しないという悩みを抱えている方も改めてラケットを振らず、ボールをラケットの真ん中に当てる練習をしてみてはいかがでしょうか。

この練習は結果的にストロークに限らず、ボレーを初めとする様々なショットの精度を高めることができるのです。

タイトルとURLをコピーしました