テニスが上達する人としない人は、”打感”が全くの別物?上級者の打感をゲットしよう

上級者の打感

突然ですが、
・テニスが上達する人としない人
・ストロークが安定する人としない人

これらの違いは何だと思いますか?以前、練習では上手く打てるのに試合になると上手く打てない原因は、フットワークに違いがある旨をお話したかと思います。ただ、テニスが上達しない、安定しない理由はそれだけではありません。

・日々の練習でもラリーが安定しない、ミスが速い
・テニスの調子の波が激しい
・ボールが飛んだり、飛ばなかったり…

こういった現状のあなたは、上達させるには何かしらの変化を起こす必要があります。上級者は細かい調子の波はあれど、どれだけ調子が悪くても極端に下手になってしまうようなことは少ないです。特にストロークは人によって様々なフォームなので、一概に「これが正しいフォームだ」と判断するのが難しいです。

しかし、どれだけめちゃくちゃなフォームでも上級レベルの人は上手いですよね。ラリーでも試合でも、良い当たりの良いショットをコントロールしているのです。実は上級以上のレベルとそれ以下のレベルとでは、フットワークの他にもう一つ大きな違いがあります。それが”打感”です。正しい打感を身につけることによって

・ストロークが常に良い当たりで、安定するようになる。
・自分から積極的に強打できるようになる。
・打感が改善されることで、どんどんテニスが楽しくなる。
・調子の波に激しい変動が無くなる

こういったことになるのです。では、打感を変えてテニスを上達させるにはどうすればいいのかを、考えてみましょう。これを変えなければこの先も調子の波が激しく、本当の意味で実力をアップさせるのは難しくなってしまうので、いまテニスの上達に悩むあなたは是非最後まで目を通してみてください。

手打ちを直さなければテニスはずっと不安定のまま。体幹を使って打とう

バランスボール

実はストロークは、手打ちでもタイミングが合えば良いショットが打ててしまいます。ですが、だからこそ手打ちを直そうとしない、手打ちに対して危機感を持たない人が多いのです。確かにタイミングさえ合えばボールは飛びます。しかし、手打ちだとタイミングを合わせるのが難しいのも事実です。

テニスを安定させるには、手打ちは改善すべき要素。ただ、手打ちを改善する方法論は様々です。ここでは筆者やその他にも多くの方が手打ちの改善に成功した、某有名監督の指導法をご紹介しようと思います。

「身体を使って打て」

このアドバイスは正解ではありますが、とにかく抽象的な印象を受けますよね。その他にも、「身体の軸を使って打つ」、「力を抜いて打つ」といったアドバイスもありますが、これもまだ抽象的です。実践しろと言われても、人によって捉え方が違ってくるかもしれません。

そこで習った非常に分かりやすいイメージが、「両手でバランスボール(メディシンボール)を投げるイメージ」です。このイメージ1つで、あなたのテニス(主にストローク)は大きく上達する可能性があります。

ああいったものを投げる時、片手で、手だけで投げる人はほとんどいないかと思います。大きさや重さなどから、両手、身体の捻りを使って投げるのが普通です。あの身体の使い方こそ、ストロークの打ち方に取り入れるべき要素と言えるでしょう。

これは今まで手打ちでストロークを打っていた人がより強く実感できますが、身体を使って打てるようになると今までの打感とは違ってきます。テニスでストロークを打つように、メディシンボール、バランスボールを投げてみましょう。

フォアハンドは、フィニッシュを肩の位置までしっかり持っていく

フォアハンドが手打ちの人で多いのが、「フィニッシュの位置が低い」ということ。このイメージが案外手打ちになってしまう原因になりやすいです。何故ならば手で打つと腕や肩の振りが無い分、フィニッシュの位置もそれに応じて低くなる為です。

逆にフィニッシュの位置をしっかり肩の位置まで持ってくるイメージを持つことによって、手首だけでなく、腕や肩なども自然と使われるようなスイングになります。

プロはフィニッシュの位置が低い選手が多いですが、彼らは前提として体幹を使っているからこそ、あのようなショットを打つことができているのです。さらにフィニッシュの位置が低いだけで、スイングの軌道は高いです。

私自身もそうでしたが、フィニッシュの形だけプロの真似をすると手打ちになってしまう傾向があります。また、手打ちだとハードヒットを返すとき、手首が打球に負けて真上に振ってしまうのもよくないので、改める必要があります。

フィニッシュを肩の位置まで持っていくことで回転もきれいにかかるようになり、同時にショットの軌道も安定してくるようになるのです。

まとめ

テニスを上達させるには、”手打ち”はできる限り早いうちに改善しておいた方が賢明です。もし、バランスボールやメディシンボールに触れられる環境にいるのであれば、実際に投げて身体を使う感覚を磨いてみましょう。

ストロークを安定させる為の前提としては、「身体を使う」ということ。また、回転をかけて軌道を安定させたい場合、フォアハンドもバックハンドもフィニッシュを肩に位置にまで持ってくるようにスイングしてみてください。お役に立てて頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました