ボールを打たず、あなたのテニスを劇的に上達・変化させるヒント

テニス上達
「練習はウソをつかない」

私もそう思います。ですが、テニスユーザーの中で「上級者」と呼ばれる人は全体の中でも少数派で、多くの方はテニスの上達に悩んでいます。経験者と呼べるだけのキャリアとひたむきな情熱を持っているにも関わらず、実力に伸び悩んでいるのです。

かくいう私自身もその1人でした。中学から硬式テニス部があったのを機に、学生時代はテニス漬けの日々を送っていました。

練習もサボらず、自主練習もほぼ欠かさず行っていました。テニスにハマっていたというのもありましたが、「テニスへの情熱に関しては誰にも負けない自信がある!」と言えるぐらいのテニスバカでした。

にも関わらずテニスは思うように上達せず、結局レギュラーにもなれずに悔しい思いで学生テニスを引退することになってしまったんですね。決して強豪校というわけではありません。

・中学から硬式テニスを始めて、スクールにも通っていた
・高校からジュニアチームで本格的に打ち込む
・大学でも体育会でひたすらテニス漬けの日々を送る

ここまでやってきたにも関わらず、自分が思い描いていたようなテニスはできなったわけです。

もちろん、テニスを続けてきた中で少なからず技術的に上達したポイントはあります。ですが、今まで自分が勝てそうになかった相手に勝てるような、劇的上達を果たすことはできませんでした。それでもテニスは好きだったので、テニスは続けていました。

そして社会人になってから、自分が今まで”あること”を疎かにしていたことに気づきました。自分の身体の、欠点と呼べるようなものです。

この欠点を改善・意識してテニスを取り組み始めてから、

・今まで打てなかったショットが打てるようになった。
・サーブのスピード・確率が格段に改善された。
・ストロークも格段に安定し、強打を打ち込めるようになった。

などなど、ある種殻を破ることに成功したのです。もちろん、コートでボールを打つ時間は学生の頃と比較して圧倒的に減りました。限られた時間をどう使うかが大切です。振り返ってみるとごくごく当たり前のことを実践しているだけでしたが、逆にテニスが上達しない人には共通している要素でもあると感じました。

では、”あること”とは何なのか?もしあなたが現在テニスの上達に伸び悩んでいるのであれば、参考にしてみてください。

テニスは柔軟性の有無で上達スピードは格段に変わる!身体が固い人は要注意

テニス脱力
答えは”柔軟性”です。私自身、学生時代は長座体前屈などでも指がつま先に届かず、ひたすら固かったのです。他の身体が柔らかかったチームメイトからも笑われ、「身体固いんだよね~」と自分でも笑いながら、改善せずにスルーしてきました。

ところが社会人になってから、柔軟性に欠けるというのがどれだけ致命的な欠陥だったのかを思い知ることになったのです。

そして逆に言い換えれば、身体の固さを改善するだけで私はテニスを上達させることに成功したわけです。身体を柔らかくするということはテニスの上達に繋がるだけでなく、怪我の予防にも繋がります。

特に筋肉が固くなりやすい冬では、その差が特に顕著です。例えば朝から夕方まで昼休憩を挟んで練習する場合、身体が暖まっていない午前中はろくに打てませんよね。中々良いパフォーマンスを発揮できないわけです。

テニスで「スロースターター」と呼ばれる方は、身体が暖まっていない為序盤で調子を上げることができないからだと考えられます。

柔軟性が無ければ、脱力してボールを打つこともできない

テニスの強打
そして何より、脱力して良いボールを打つためには柔軟性が欠かせないのです。元々しなやかさに欠ける身体を脱力しても、良いショットを当たり前のように打ち続ける上級者、競技者のようにはいかないわけです。

あらゆる箇所をストレッチなどで柔らかくする努力をすべきだと言えるでしょう。私はずっと柔軟性を改善しようとしませんでした。また、テニスが上達せず伸び悩んでいる方でも、身体が固い方が多い印象を受けます。特に柔らかくすべき箇所は

・肩(サーブやストロークのスイングがスムーズになる)
・股関節(下半身の力をよりボールに伝えられるようになる)
・ハムストリングス(長時間良いショットを打ち続けられる)

この3か所が挙げられるかと思います。私自身もこの3か所を重点的に、お風呂上りに毎日30分欠かさずストレッチしています。

ストレッチを取り組み、コートで打つときもより脱力を意識してからは自分でも驚くほどテニスが上達しました。今は本当にテニスが楽しくて、毎週末が本当に楽しみで仕方なくなってしまいます。

まとめ

もしあなたが現在テニスの上達に悩んでいるのであれば、今一度「柔軟性」を確認してみてはいかがでしょうか?身体が固い人は、柔軟性を改善するだけでテニスも劇的に上達する可能性を秘めています

運動神経が良い、テニスが上達する人は例外なく柔らかい肉体の持ち主です。フォームという表面的な要素ではなく、そのフォームを再現している本質的な部分を真似ていくことがテニス上達にヒントになり得ると言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました