【脱1回戦負け】テニスが上達しても試合で実力を出せず姿を消す人は必見

テニスの試合
「試合になると普段のように上手く打てず、すぐに自滅してしまう」
「練習では上手くいっても、試合になるとテニスが上達してる感じがしない…」

残念ながら、練習で上手く打てても試合で上手く打てなければ意味がありません。試合でのパフォーマンスが真の実力と言えます。ですが実際のところ、試合で練習時のようなパフォーマンスを発揮することは容易ではありません。

・「絶対勝ちたい」
・「ミスをしないようにしなきゃ」
・「この相手には負けたくない」
・「1回戦負けは嫌だ」

こういった意気込みが緊張・プレッシャーとなり、良い方向にも悪い方向にも作用してくるわけですが、試合で1回戦負けが多い人は悪い方向に作用してしまっている可能性が高いです。動きもぎこちなく、どうということはないイージーボールをミスしてしまうのです。

テニスの試合は大半がどちらか一方のミスでポイントが成立するものですが、ダブルフォルトやリターンミス、早い段階でのミスは可能な限り減らすべきでしょう。

1回戦でシード選手、負けるべくして負ける格上の相手ならまだしも、格下と思い込んでいた選手に負けてしまうのは凄まじく悔しいものです。

そこで今回は、

「1回戦で自滅せず、コンスタントに勝ち進めるようになるコツ」をご紹介したいと思います。コンスタントに一定のところまで勝ち上がる選手はしっかり実践しているのですが、毎回1回戦負けしてしまう傾向の強い人は注目です。これを取り入れることで、

「1回戦で格下の選手と対戦しても、問題なく勝ち切れるようになる」
「レベルの高い相手と試合しても、食らいつき、勝機を見出せるようになる」

こういった効果が得られるヒントになり得ると思います。今回お伝えすることをきっかけに、あなたが1回戦負けのサイクルを脱し、今よりももっとテニスを楽しめるようになれば幸いです。テニスを技術的に上達させるのはもちろん、試合でも勝てるようになることでテニスの楽しさも倍増です。

1回戦は身体が固く、動きづらいのが当たり前。まずはセンターでラリーしよう

テニス上達
どんなレベルの選手でも、1回戦は身体が暖まっておらず、普段通りの実力を初めから出すのは難しいです。特に顕著なのが力みやすいハードヒッタータイプの人。初めから普段のように打ちにいけば、ミスをするリスクは普段以上に高いです。

そうなってしまえば、必然的に1回戦負けしてしまうリスクも高まるわけですが、自滅して格下の選手に負けて姿を消すというのは、本当に最悪の気分だと思います。私自身、何度あの不完全燃焼感を噛みしめながら試合会場を後にしたかわかりません。

1回戦で自滅をせず、良いパフォーマンスを発揮してしっかり勝つには、出だしは無理をせずセンターラリーをするのが特効薬になります。常に3回戦以上勝ち上がる人は、初戦の出だしはリスクを負わずにセンターでラリーする人が多いです。

「普段通りにプレーできれば負けない」と言えるような相手なら、なおさらセンターでラリーしても自滅してくれるでしょう。後々には、無理をしなくてもミスを誘いだせるようにできるのが望ましいです。

ラリーが続くようになれば、身体も暖まってきてプレー的にも気持ち的にも余裕が出てきます。試合の立ち上がりは無理をせず、まずはラリーを続けるように意識してみてください。徐々にショットの、テニスの質も高まってきます。

できる限りコートの内側に入り、前でボールを捉える

出だしはセンターでの打ち合いをセオリーにしつつも、できれば主導権も握りたいところです。1回戦の相手が一定以上のレベルだと、センターラリーだけではポイントを獲得できない恐れがある為です。

テニスの試合で主導権を握るためには、ポジショニングが大事になってきます。つまりは自分の立ち位置。自分がベースラインより内側に入って打てれば、相手の時間を奪うことに直結し、その分自分に余裕が出てきます。

逆にいつまでもベースラインより後ろに下がっていると、主導権を握るのは難しいです。相手が前に入って、どんどん打ってくるでしょう。また、後ろで打っていると本来攻撃的に打てるショットもことごとくディフェンシブになってしまうのです。

センターに集めてリスクを避けつつも、ポジションは前にして打っていきたいところです。パワーショットを打つというよりも、深ささえあれば問題ありません。相手を下げることができればオープンコートも広くなり、狙いやすくなるのです。

まとめ

テニスの試合で勝つ
テニスの大会で1回戦負けを脱するには、立ち上がりは大切です。立ち上がりでミスを連発していると、あっけなく終わってしまいます。シード選手でない限り、初戦の相手は決して勝てない相手ではないかと思います。そういった選手に負けないためには、

・序盤はセンターラリーをセオリーに、リスクを負わず無理をしない

というのが大前提です。身体が暖まり、動けるようになるまでは必要以上にリスクを負う必要はありません。1回戦負けが多い人は、フォームなどの技術的な面だけでなくこういった考えを取り入れることで試合の勝率も上がり、テニスも上達します。普段とは違う観点でテニスの上達について考えることによって、可能性の殻を破ることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました