テニスでボレーを上達させたい人必見!目指すはダブルスのポイントゲッター

テニスのボレー

「ボレーがとにかく苦手」
「ダブルスのペアの足を引っ張ってしまう」
「チャンスボールを毎回吹き飛ばしてしまう」

そういった悩みを抱える人は多く、特に社会人になると試合はダブルスが中心になる傾向があるので、ボレーの上手い下手は試合の勝敗を大きく分ける要因になります。テニスの上達に悩む選手は多い中、特にボレーに対して苦手意識を持っている人は非常に多いです。

私自身も今ではダブルスでもサーブ&ボレーで積極的に打ちにいきますが、以前はボレーとスマッシュが大の苦手で、私にチャンスボールが上がると、逆に相手にとってのチャンスになっていた程です。

多くの人が苦手としているボレーですが、ある程度のボレーが打てるようになった今では、ストロークよりもボレーの方が圧倒的に簡単なショットだと改めて認識しました。

かなり難しいアングルボレーやドロップボレーなどの高等テクニックは除いて、チャンスボールを確実に決める、もしくは足元でもない簡単なミドルボレーなどの基本的なボレーは、”あること”だけを意識すればそう簡単にミスをすることはありません。

多くのテニス経験者は”あること”を意識しなければいけないのを頭では理解しているはずなのです。それができてない為、簡単な決め球を吹っ飛ばしたり、イージーミスなどを連発することによってボレーが上達せず対して苦手意識を持っているのです。

ですが、テニスでボレーを上達させるのは驚くほど簡単です。テニスが上達せずに悩んでいる人は難しく考えすぎてしまっているが故に、ボレーが上手く決まらずに嘆いていると言えるでしょう。

テニスを上達させるには、試合で勝つためには、頭を使うことも大切です。ですが逆に難しく考えすぎてしまうと今度はテニスが上達しなくなってしまうというジレンマもあります。ですがボレーに関しては、もう難しく考えて悩む必要はありません。

もちろん日によって調子の良し悪しはありますが、ボレーは基本さえできていれば大抵返るようになります。テニスでボレーを上達させたい、伸び悩んでいるあなたは是非今回お伝えすることを改めて意識してみてください。

テニスのボレーを上達させたければ、”当てるだけ”という基本を徹底して守ろう

テニスのボレーのコツ

「ボレーは、当てるだけ」

テニスでボレーを上達させるには、これにつきます。フォアボレーもバックボレーも、ボールがラケットの真ん中に当たれば、面が見当違いな方向に向いてない限りはしっかり相手コートに返ります。

「ボレーはラケットを振ってはいけない」

どこのテニススクールでも部活でも口酸っぱく言っているアドバイスですが、これこそボレーの本質だと言えます。私自身も頭ではわかっていたものの、改めて意識すると今までは速いボールを打とうと無意識レベルで振ってしまっていたのだと、ある程度打てるようになってから痛感したのです。

「いや、当てるだけなんて言っても、そんなことはわかってる!」というあなたも、今一度改めて意識してみてください。本当に”当てるだけ”です。面をセットしたら、絶対に振ってはいけない。それぐらいのイメージです。

昔と比べて現代のテニスラケットが進化しているということもあり、今のラケットは面にしっかり当たればボールは必ず飛びます。万が一飛ばなければ、ガットかラケット本体に異常をきたしていると捉えて差し支えありません。

ラケット面を打ちたい方向に向けてセットし、後は飛んできたボールを優しく迎えてあげましょう。「ボレーはラケットを振らず当てるだけ」ということを再度意識して練習に臨んでみてください。速くて鋭い、一撃で決めるようなボレーを意識すると振ってしまいがちになるので、ボレーはいつまでも上達しません。

ここで、ラケットを振ってしまうのを防止するワンポイントアドバイスをいくつかご紹介します。

ラケットは自分の視界から消えない程度なら引いてもOK

あまりラケットを引き過ぎてしまうと、当てる時に勢いで振ってしまう可能性が高くなります。セットする際は、ラケットが自分の身体よりも後ろにいかず、視界に残る範囲までに抑えるようにしてみましょう。

ボールを足で運ぶイメージ。高さは腕でなく、足で調節する

よくやりがちなのが、ローボレーなどの低い打点でのボレーを手首などを使って処理してしまうパターンです。あくまで面は固定したままで、重心(下半身)を沈めて対応しましょう。そうすることでボールに押し負けず、相手にも叩かれにくいボールが返ります。

インパクトよりも足を先に踏み込む

右利きの場合フォアボレーは左足を、バックボレーは右足を踏み込んで打つのが基本的な動作ですが、踏み込むのと同時に「ドンッ!」と叩く人は案外多いです。安定しているならば問題ありませんが、もし振り遅れたりしている場合、インパクトよりも前に足を先に踏み込みましょう。足を先に踏み込むことで、スピードボールにも遅れず反応できます

まとめ

ダブルス

・ボレーは、当てるだけ

一見当たり前でありふれたアドバイスですが、テニスでボレーの上達に悩む人はできていないものでもあります。改めて意識することで、あなたのボレーに大きな変化が起きるかもしれません。

ボレーを難しいショットだと考えている選手も多いですが、本質は至ってシンプルであります。ドロップショットや凄まじい角度のアングルボレーなどは、当てるだけにしても難易度が上がってきます。

一度初心に戻ってみて、シンプルにボールをラケットの真ん中に当てる感覚を反復練習を通じて再確認してみてください。ボールをラケットの真ん中に当てる感覚はボレーに限らず、ストロークや他のショットも含めテニスを総合的に上達させる為の大切な感覚なのです。

タイトルとURLをコピーしました