【テニスでスマッシュを成功させるコツ】決めの1球を確実に取り切ろう

スマッシュのコツ
テニスにおいてスマッシュはポイントを決める為の大切なショット。ですがスマッシュが苦手だという方は多いです。また、ストロークと比較するスマッシュは打てる人と打てない人の差が激しいショットでもあります。特に中級クラス以下のレベルだと、スマッシュが苦手な人の方が圧倒的に多いとも言えるでしょう。

実際にテニスの試合でもスマッシュができるかできないかでは、ポイントの決定力に絶大な差をもたらすことになります。ダブルスでは特に重要なショットで、余程軌道が高く、深いロブでもない限りはミスをしないのが当たり前になってきます。

そこで今回は、どうすればスマッシュが上達するのか?スマッシュのコツについてピックアップしてみました。スマッシュに対して苦手意識を持っているあなたは、今回ご紹介するコツを今後の練習で実践してみて、何かしらの上達を実感して頂ければ嬉しいです。

ロブが上がったら必ず横向きの体勢を作る

スマッシュが上手く打てない多くの人は、ボールに対して真正面を向いてしまっている為に上手く真ん中に当たらずミスをしてしまう場合が多いです。フォアハンドストロークをオープンスタンスで打っている人は特に該当する可能性が高いです。

身体を正面に向けてラケットを構えると、当然ながら身体の捻りを使うことができません。上手くラケットの真ん中に当てることができたとしても、手打ちになってしまいます。手打ちだとスピードも乗らず、コートに入っても決めきることが難しくなってしまいます。

なので、チャンスボールが上がったらまず身体を横向きにしましょう。サーブを打つときにも、身体が真正面を向いたままトスを上げてそのまま打つ人はほとんどいません。いたとしても、これもスマッシュ同様手打ちになってしまいます。

身体を横に向けて用意することで、ボールと自分の距離感をより正確に測ることが可能です。ずっと正面を向いて打っている人にとっては最初は慣れるまで苦労するかもしれませんが、スマッシュを上達させないのであればしっかり横向きで打てるようになる必要があります。

サーブと同様、スマッシュ上達のコツは極力高い打点でボールを捉える

サーブにも全く同じことが言えますが、スマッシュを上達させる為にも、できる限り打点は高い方が有利です。スマッシュが上手く当たらない人は、ラケットの根元付近に当たってしまいっている人が多いです。稀に起こる、スマッシュを打とうとしたらテニスラケットのエッジに挟まる現象もそれを物語っていると言えるでしょう。

サーブが上手い人はほとんどの場合スマッシュもしっかり決めきることができます。つまり、サーブを高い打点で捉えられていない人はスマッシュでも低い打点で打っている可能性が高いということです。

落下してくるボールと自分との距離感が上手くできていない人は、空振ってしまわないように確実に当てようと、無意識レベルで打点を落とそうとしていると考えれます。極端な話、ラケットの先端に当てるイメージで振ってみるのも1つの手です。

高い打点で打つのに慣れるために、普段のサーブ練習でもトスをできる限り高く上げて打つのも、スマッシュを上達させるための練習になり得るのです。

無理をせずハイボレーで処理するのもポイントを取るための有効手段

ロブを上げられると、ポジション的にどうしても振り切ってコートに叩き込むのが難しい状況もあります。そんなときは、無理して振り切らずにハイボレーで処理するのも1つの手です。チャンスボールにも関わらず自滅しては元も子もありません。テニスの試合で勝つには、冷静な判断も大切です。

苦しい状況であれば、ハイボレーで相手コートにしっかり返して次のチャンスを待ってみましょう。ただ、練習では多少難しいロブでも基本的にしっかり振り切って入れる練習をした方が実践でも活きてきます。

スマッシュ上達のコツは、どれだけ素早く着弾地点で構えられるかがミソ

前述のハイボレーにも通じていますが、これも非常に大切です。大して軌道も高くない、その場で叩きつけることができるチャンスボールなら、スマッシュが苦手な場合でもしっかり打てるのではないでしょうか?本当に簡単なチャンスボールなら、初心者でも決めることができるかもしれません。

物凄くシンプルに考えてみましょう。常に簡単なチャンスボールとしてスマッシュを打てるようになれば、自信を持ってガンガン打つことができます。つまり、スマッシュは自分が打つやすいポジションに、どれだけ素早くつけるかが大切になるのです。

着弾地点をいち早く予想してポジションを取ってラケットを構えれば、後はボールが落ちてくるのと待つだけです。ボールとの距離感は正確に測ることができなかったとしても、落ちてくる地点はフィーリングでもある程度予測できるはずです。そこに素早く辿りつくように徹底しましょう。

量をこなしていけば、ロブの落下地点も大体掴めてくるようになってきます。慣れてくれば、思い切り叩きつけてフェンスを超すようなスマッシュも打てるようになってきます。本番の試合で決めることができれば、テニスならではの爽快感を味わうことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました