テニスで上達させる為、フットワークが嫌でも向上してしまう簡単テク

フットワーク
テニスが上達する人としない人の差は何なのか?
上級クラスと初中級クラスの人は一体何が違うのか?

球出し練習などである程度のショットを安定して打てるにも関わらず、試合になると思うように打てなくて負けてしまう人はとにかく多いです。「練習では上手く打てるのに、試合になると入らない」。そんな人と試合でもしっかりミスせず打てる上級者とは、フットワークの差が大きいです。

「準備が遅いよ!」
「もっと足を動かして!」
「フットワーク大事に!」

こういった指摘をされる人はどこに行ってもよく見かけるもの。特に女子テニス部などにはこういったフットワークが疎かになっている子が多いような印象を受けます。ただ、これは足が速いか遅いかという問題ではありません。

テニスにおいてフットワークの良し悪しは、単純に短距離走が早いか遅いかで決まるものではないのです。もちろん早く走れることで損をするようなことはありません。しかし、テニスコートは思っているよりも広くはありません。

走った時の最高速度よりも、準備の出だしを早くできるかどうかがテニスの上達に深くかかわってきます。いかに短距離走が早くても、動き出しが遅ければ理想の打球タイミングに間に合わせることはできません。逆に、出だしが早ければスピードボールに対しても、遅いボールに対しても柔軟に対応することができるようになるのです。

練習であれば上手く打てるということは、”普通に打てばミスなくナイスショットも打てる”のと同義です。上級者との大きな違いはフットワーク。つまり、練習で上手く打てる人はフットワークさえ改良すれば、自分よりも格上に見えている上級者とも十二分に渡り合うことができるようになる、ということです。

なので今回は、テニスを今より上達させて、試合でも勝てるようになるためのフットワークのコツをご紹介します。どうすれば素早く動けるようになるのかを考えたときに、最も簡単なアイディアが出てきました。

今回ご紹介するコツを普段のテニスで意識することによって

・今まで取れなかった、拾えなかったショットにも反応できるようになる
・今まで振り遅れていたショットもしっかり打ち返すことができるようになる
・ラリーでもポジションを前にして、積極的に攻められるようになる

こういったことが実現します。シンプル且つ効果的な方法なのです。テニスの試合で勝つためには、フットワークが生命線。生命線を太くするだけで、テニスは驚く程上達します。今以上のレベルアップを図りたいあなたは、参考にして頂ければ幸いです。

【全ての打球をライジングで捉える意識を持つ】必然的に動き出しも早くなる

「全ての打球をライジングで処理する意識を持つ」。これだけであなたのフットワークは劇的に向上します。「ライジング」とはボールの跳ね際のことです。ボールが1バウンドして跳ね上がっているところを、最高到達点に達して落ちる前に叩くショットのことを一般的に「ライジングショット」と呼んでいます。

ラリーで自分から積極的に攻めることができる人は、基本的にライジングショットでストロークを打っています。ライジングで打っていればその分ラリーのテンポも速くなるので、慣れていなければ対応することはできません。

比較的球足が遅い、クレーコートなら互角に打ち合える選手でも、球足が速いハードコートで試合すると、驚く程アッサリ負けてしまうこともあるのがラリーのテンポが速い選手の特徴です。

ちなみに初中級者の多くは、打点をあえて落として打っている人が多いです。チャンスボールでさえも、最高到達点に達して落ちてから打っています。これに対しテニス上級者は、基本的にチャンスボールは高い位置でしっかり打ち込んでいるのです。

なので、フットワークを向上させる為には、チャンスボールに限らず、ベースラインでのフォアハンドもバックハンドも、全ショットをライジングで捉える意識を持って練習してみましょう。

ボールの跳ね際を叩くためには、素早く打点に入らなければなりません。だからこそ、”ライジングで打とうとする意識”を持つだけでもフットワークも自然と向上していくのです。特に今まで打点を落として人がこの意識を持つと、短期間で見違えるほどフットワークが向上することもあります。

この意識を持てば、まず一歩目の動き出しが変わります。また、普段はベースライン後方で打っている人も、ライジングで打とうとすることによってポジションも自然と前に取るようになってきます。この考え方1つで、結果的にプレーも全体的にアグレッシブなものへと進化するのです。レベルが上がってくると、ただ繋げるだけでは勝てなくなってきます。

テニスはこういった意識1つを変えるだけで上達するスポーツ。一定レベルから抜け出せずに伸び悩んでいる方は、こういった小さな気づきを得ることによって実力もグーンと伸びる可能性を秘めているのです。

タイトルとURLをコピーしました