テニスを試合中に上達させる!本番で実力が出せない選手は必見の1ポイント

テニスのゲームカウント
テニスは個人スポーツであり、その試合は非常にシビアなもの。どれだけ練習でギャラリーを魅了するようなプレーができても試合で実力を発揮できなければ残念ながらほとんど意味がありません。テニスの技術レベルが上達しても、試合で発揮できるかは別の話です。

というのも、

「練習だとそれなりに打てるのに試合になるとすぐにミスをしてしまう」

という人はとにかく多いからです。練習だけ見てると上級者と互角に打ち合える技術を持っているにも関わらず、実際の試合になると何でもない相手にアッサリ負けてしまうのは、ジュニアでも一般でもよく見る光景です。かくいう私自身もジュニア時代はそんな時期が長く続いていました。テニスが上達しても、試合に勝てなければ楽しさは半減です。

むしろ、試合でのテニスこそ自分自身の実力です。練習で上手くて試合で勝てなければ評価されないのは、全スポーツに共通して言えるのではないかと思います。

「普段通りうっているつもりなのに、ストロークがネット下段に直撃してばかり…」
「サーブも振り切れず、ダブルフォルトが多い…」
「試合前にイメージしていたショットが全然打てなくてつまらない…」
「頑張って試合にはエントリーしてるけど、ほとんど1回戦負け…」
「毎回物足りなさしかなくて、トボトボ会場を後にするのが定番…」

これは全て、かつての自分自身に該当します。高校時代は親にお金を出してもらって試合に出ていたにもかかわらず、ほとんど1回戦負けでした。実績を持った格上の選手に負けるならまだしも、練習通りにやれば楽に勝てるような相手に負けた日は、本当に気分が沈んでしまうものです。

そこで今回は、

・どうすれば試合でも練習通りか、それ以上に打てるようになるのか?
・どうすれば試合でもイージーミスが減ってラリーも続くようになるのか?

ということについて考えてみましょう。「試合になると上手く打てない」というのは、試合経験の有無ももちろんあります。ですがこの問題はどちらかというと、技術的要素よりも精神的要素の方が大きく関係しています。

つまり言い換えると、考え方をほんの少し変えるだけで、試合でのパフォーマンスがガラリと変わってしまう可能性があるということなのです。よくテニスはメンタルスポーツだと言われているのを、あなたもご存知かと思います。

実際、メンタルがパフォーマンスに及ぼす影響は凄まじいものです。心の持ち方1つで、人は驚く程変わります。特に社会人になってからテニスが上達する人は、メンタルの影響が大きい。

今現在、試合で思うように実力を発揮できないあなたは、これからご紹介する要素をお試し感覚で取り入れてみてください。

少しでも長く、コートに立っていたいという想いが、試合で何かを起こす?

「自分の試合だけ、終わるのがやたら早い…」。そうなってしまうと劣等感を感じずにはいられません。ですがミスが早ければ試合展開も応じて早くなります。どこかで修正できなければ、1セット10分程度で終わってしまうことも珍しくありません。

そこで大事になるのが、「少しでもコートに長く立っていたい」という気持ちを強く持つということ。この心持ちこそ、試合で驚異的な粘り強さを発揮する原動力になり得るのです。実はこのアドバイス、私自身も実際に受けたことがあります。

今でも思い出せる3セットマッチで1セットダウンの1-4。そこまでテニスのレベルは違わないはずの相手に自滅してばかりで後がなかった状態です。そのチェンジコート中にこのアドバイスを受けて実践してみました。

その結果、息を吹き返したようにイージーミスが減り、そのセットを6-4と逆転して取り返すことができたのです。最終的にはファイナルセットで競り負けてしまいましたが、この試合は本当に楽しかったです。テニスはこういったメンタル的な要素でプレーの質が変わることを、身をもって体感することができました。

試合中黙々とプレーせず、声を出して打ってみる

人に寄りますが、テニスは調子が良かったり、ラリーが長引くと思わずテンションも上がってしまうことがあります。その際に、自然と打つときに声が出る人も多いかと思います。この「声を出す」のも結構重要です。不調の際に少なくとも静かにプレーするよりは有効なのです。

声を出すことによって、まずテンションも自然と高まります。気分の上がることによって自然と緊張による身体の硬さも解けてきて、どんどんラケットを振れるようになってくるのです。プレーが全体的に積極的になります。

テニスの試合はメンタルが弱ければ勝つことはできません。特に不調に陥って弱気になっているときこそ、積極的に自分を鼓舞していくべきなのです。トッププロでも声を出して打つ千湯は数多くいます。テニスを楽しむためにも、テンションを上げていきましょう。

ナイスショットを決めたり、大事なポイント取ったら吠える

プロの試合などでも、相手のサービスゲームをブレイクした瞬間に吠える選手は多いです。そういった大事なポイントを獲得したときに吠えることでテンションを持続、流れを切らさないことができるのです。

客観的に試合を観戦していても、要所となるポイントを取って吠える選手を見るとそのルックスに関係なくかっこよく見えてしまうものです。トッププロの打ち方を真似するのは身体能力的に難しい場合もありますが、試合での気迫や集中力など、学ぶべきことは多いです。

タイトルとURLをコピーしました