テニスの試合はリターンを上達させれば勝率が2倍!セカンドサーブを叩くコツ

ナダルのリターン
テニスの試合で勝つには、基本的にはまず自分のサービスゲームはキープすることを前提に、いかに相手のサービスゲームを破るかが勝敗を分けます。なので、リターンの良し悪しは試合の行方を大幅に左右することになります。

初級、中級レベルだとフォルトやリターンミスなど、初級ミスが多い印象を受けます。ストロークは上達してもリターンが打てていないせいで、試合になるとラリーもできずに失点してしまっているのです。

ただ、アマチュアレベルでは相手のサービスゲームをブレイクするのはそこまで難しくはありません。ビッグサーバーなどは別ですが、大体の人が打つセカンドサーブは甘いです。これはダブルフォルトのリスク恐れて、セカンドサーブは比較的遅い球を打ってくる傾向が強いからです。

なので、セカンドサーブを叩けるようになるだけで、案外普段は勝てない人にもアッサリ勝てることもあるのです。同時にリターンが良くなるだけで初級ミスも減るので、試合でのプレーの質が格段に上がります。

そこで今回はそういった点を踏まえて、テニスでリターンを上達させる為のコツをご紹介しようと思います。テニスは些細なきっかけ、ほんの少しの変化で上達するスポーツです。リターンが少し叩けるようになるだけでもテニスはさらに楽しくなるので、お役に立てて頂ければ幸いです。

セカンドサーブをリターンする時はポジションをベースラインより内側に

打ってくるサーブの種類にもよりけりですが、セカンドサーブで高速なショットが飛んでくる可能性は低いです。臨機応変な対応が大切ですが、特別スピードのあるサーブでなければ、ベースラインより内側に入って構えましょう。

ベースラインより後ろで遅いサーブを待ってしまうとタイミングを合わせるのが逆に難しくなってしまい、結果的にミスショットになる可能性の方が高いのです。また、ポイントの初めからコートの内側を陣取れば、リターンが返ってからの展開も有利に進めることができる効果があるのです。

リターンは自分からボールを迎えに行く姿勢が大切になります。そのためには内側にいればその分ボールとの距離も縮まるので、相手の時間的余裕を奪うことができます。当然、リターンエースも積極的に狙いにいけるようになってくるわけです。

セカンドサーブは、ある意味チャンスボール。ライジングショットで時間を奪おう

サーブはサービスボックスに収まらなければフォルトになります。基本的なルールです。つまり言い換えると、どれだけサーブの着弾地点が深くてもサービスラインを超えることはない、ということがわかります。

さらに、相手の打つセカンドサーブがそこまで早くなければ尚更チャンスです。攻めるのではなく、フォルトしないことを第一優先にしたセカンドサーブならば、それは言ってしまえばチャンスボールです。

・着弾地点が浅い(サービスラインを越えないことがわかっている)
・スピードも乗っていない

この2点を満たしているセカンドサーブは、チャンスボールだと思って積極的に叩いていくべきです。少なくとも、ベースライン後方で構える必要はありません。さらに中途半端なスピンで中途半端にバウンドするセカンドサーブなら、尚更です。

低く跳ねるスライス系のセカンドサーブの場合思い切り叩くのは難しいですが、スピードが無ければ前に入って打っていった方がその後の展開も圧倒的に有利です。

相手のセカンドサーブをライジング気味で打てるようになれば、ブレイクできる確率が大幅に上昇します。ライジングショットはバウンドしてから打つまでのテンポが必然的に早くなるので、かなり直接的に相手の時間を奪うことができるからです。

リターンは積極的な攻めの姿勢がとにかく大事

レシーバーはサーブを受ける身ではありますが、攻めの姿勢がとても大切です。攻撃的なリターンは、サーバーに対して大きな圧力を与えることができます。逆にリターンが弱ければサーバーも安心してラケット振り切ってくるので、ブレイクの難易度が上がってしまうことになります。

そして相手のサービスゲームをラブゲームなどで落としてしまうと、相手に勢いを渡してしまうことになります。次の自分のサービスゲームにまで響き、試合の主導権を相手にプレゼントしてしまうことになりかねません。

それを防ぐためには、積極性です。飛んでくるボールをただ返すだけでなく、「自分からリターンを打ちにいく」ぐらいの姿勢が大事になります。

打ちに行く際も、あくまで構えなどはコンパクトに

叩きにいこうとすると、無意識レベルでテイクバックなどのモーションが大きくなってしまう恐れがあります。しかしリターンはコンパクトに構えるのが基本なので、大きく構えてしまわないように注意しましょう。

セカンドサーブで甘いサーブが来るかと思いきや想像以上に速いボールが飛んできた場合、モーションが大きいと振り遅れてしまう可能性が高いからです。最初はとにかく相手コートにしっかり返すことを前提に、慣れてきたら少しずつ威力を高めて積極的に打っていくのが望ましいでしょう。

まとめ

大前提として、リターンは自分から積極的に打点に入っていくこと。そしてアマチュアレベルなら、大概の場合セカンドサーブはそこまでリターンの難易度は難しくありません。受け身だからと言って身構えず余裕をもって構えましょう。テニスの試合では、リターンが上達するだけで試合結果もひっくり返すことができます。

ただ、相手によってはセカンドサーブでも攻撃的な場合もあるので、積極性を大事にしつつも臨機応変に対応することが大切です。まず、リターンは自分からミスをしないため、相手コートにしっかり返すことが最優先です。そのうえで相手を優位に立たせない、攻撃的なリターンを打っていきましょう。

自滅はテニスの試合でポイント得失点の大半を占めるものですが、同時に私たちが最も気を付けなければならないことでもあるのです。

タイトルとURLをコピーしました