あなたのテニスを劇的に上達させる、練習で意識すべきシンプルなコツ

テニスフォア打点
ストロークが安定するか否かは、テニスのレベルを分ける大きな要因になっています。リターンミスなどの初級ミスを連発するとラリーもできず、テニスを楽しく感じることが難しくなってしまいます。

ミスが早くてラリーもしないうちに負けてしまうと、凄まじい物足りなさを感じながら会場を後にしてしまうことになるでしょう。テニスが上達する人としない人は、実際に打ってみれば動きやインパクトなどを見れば一目瞭然です。

上級者クラスになればすべてのショットを一通り安定して打てる反面、なかなか上達せずに悩んでいる人はフォームやショットの軌道が不安定になりがちなものです。特にフォアハンドストロークは非常に顕著ではないでしょうか。

上手い人はフォームもショットの軌道も安定しており、そう簡単にイージーミスはしません。一方不安定な人は何でもないボールを打ち損じてしまうことも多々あります。これを無くさないことには、テニスが上達することはありません。

そこで今回は、ストロークを安定させる為に練習で意識すべきことを1点ご紹介致します。難しい要素はなく、経験者であれば簡単に実践できることです。同時に、テニスが上達する、ストロークが安定している人は無意識レベルで実践していることでもあります。

ストロークを安定させて自信を持って打ち込めるようになる為のヒントにして頂ければ幸いです。

打点を一定にすることで、フォームも軌道も安定してテニスは上達していく

「打点を一定にする。」

これがショットを安定させて、テニスの上達スピードを加速させるヒントになり得ます。ショットの軌道やフォームが不安定というのは、すなわち打点の位置が不安定というこよでもあるのです。

フォアハンドストロークは腕の自由度が高い分、本来考える必要がないことを余計に難しく考えてしまうものです。考えれば考える程ボールへの集中力も著しく低下してしまい、不調のサイクルにハマってしまいます。

そこでストロークを安定させるには難しいことを考えず、打点を一定のエリアで捉えることを練習で意識してみてはいかがでしょうか。1球1球寸分の狂いもなく同じ打点で捉えることはできませんが、一定のエリア内で捉える意識を持つことが重要です。

自分にとって最適な打点は個人差はあるものの、腰の高さあたり捉えるのがオーソドックスではないかと思います。素振りや壁打ちなどで、まず自分にとっての最適な打点を確認してみてください。そして実際にコートで打つときはその打点エリアを意識して打ってみましょう。

壁打ちを頻繁に使う人は要注意!高い打点で打てるのに越したことはない

ストロークは、高い打点で打てるのに越したことはありません。特に壁打ちをよく使う人は注意が必要です。壁打ちで何となくボールを打ち続けていると、2バウンドしても特に気にせず打っていますが、壁打ちで高い打点の練習をするには前にポジションをとる必要があります。

上手い人はチャンスボールもミスをせずしっかり打ち込むことができますが、テニスが上達しない人はチャンスボールも苦手な人が多いです。また、粘り強くても決定力にかけるシコラーもチャンスボールが苦手だったりします。

壁打ちを練習の一環として使うならば、できる限り高い打点で捉えるように意識してみましょう。高い打点での打ち込みができるかできないかは、試合でのポイント獲得率に直結します。

まとめ

打点を一定にすることでフォームも、ショットの軌道も必然的に安定します。つまり、ショットの軌道が安定せずに悩んでいるあなたは、打点を一定にして打つ意識がテニス上達の特効薬になる可能性があると言えるでしょう。

打点を意識していればフォームなどの細かいことを考える余裕も良い意味で無くなり、ボールへの集中力も高まってパフォーマンスも向上するのです。

タイトルとURLをコピーしました