ボレー上達速度に雲泥の差が生じてしまう”ある認識の違い”とは?

テニスのボレーを上達
テニスにおいてボレーはポイントを獲得する為の重要なショットです。特にダブルスではボレーヤーが仕事をできるかどうかによって勝率も別次元の差が出てきます。同時に、ボレーができない人は圧倒的多数です。

テニススクールの上級者クラスでも、ボレーができない人は案外多いです。「テニスを上達させたい」となると多くの場合ストロークに目がいきがちですが、ボレーの上達なくしてテニス全体が上達することはありません。

・ボレーは降らない
・足で打つ
・フォアは左足、バックは右足で踏み込む
・可能な限り前で捉える

などなど、ボレーの上達に関するコツやアドバイスは様々です。今述べたものはどれも間違っているとは思いません。このように教えているコーチもいれば、こういったアドバイスでボレーが打てるようになる人もいるでしょう。

ただ、ボレーが上達する人としない人ではそもそもの考え方が違う部分があります。

・ボレー対ストロークですぐにネットにかけてしまう
・ファーストボレーが決まらない
・とっさの時に構えたボレーがコートに収まらず大きくアウトする
・アングルボレーを打とうとする見当違いな角度がついてミスしてしまう

こういった人でも、考え方ひとつ変えることによって

・どんなボールでもミスなく、難なく処理できるようになる
・楽にボールが飛ぶようになる
・とっさの時でも相手に攻められず、鎮めることができる
・ドロップボレーやアングルボレーも簡単にこなせるようになる

このように、ボレーが圧倒的に変わります。現代ではテニスラケットも昔と比較して圧倒的に進化していることもあり、ラケットの真ん中にボールが当たりさえすれば勝手に飛んでいくものです。

つまり、

”しっかりボールが面に当たっているかどうか”

これがボレーを上手く打てる人と打てない人の違いだといえます。では、どうすれば「しっかりボールがラケット面に当たるようになるのか?」ということについて考えてみましょう。

テニスは考え方ひとつで一気に上達する!大事なのは”ボールをラケットに当てる”

ボレーのコツ
あなたは普段ボレーを打つときに、

「ラケットをボールに当てている」
「ボールをラケットに当てている」

どちらの意識を持っているでしょうか?一見同じように見えますが、この考え方の違いこそボレー力に差が生じる原因なのです。後者の「ボールをラケットに当てている」人こそ、ボレーが上手く打てる傾向にあります。具体的にどのような違いがあるのかを1つ1つ見てみましょう。

ラケットをボールに当てる意識を持つ人はラケットを動かしている

「ラケットをボールに当てる」ということは、ラケットを動かしてボールに当てる。つまりラケットを振ってしまっているということです。ボレーが安定しない人の多くは、ラケットを動かして当てようとします。

この考え方の場合、タイミングが合えばナイスボレーが打てる半面、言い変えればタイミングが合わなければ安定しません。球出し練習のようにある程度軌道やタイミングもわかりやすい場合は打てるかもしれませんが、とっさの時に上手く処理することが運任せになってしまうわけです。

ボールの軌道やスピードは1球1球変化しており、タイミングを合わせるのは容易なことではありません。運動神経・タイミングを合わせる感覚が優れている人はすぐにできる可能性はあります。しかし、できない人にとっては難易度が凄まじく高い技術なのです。

ボレーがある程度安定するようになってからは、状況に応じて自分からラケット動かして打ちにいくのも1つの手です。まだ安定しないうちは、ラケットを動かさないように意識する必要があります。

ボールをラケットに当てているということは、ラケットを動かしていない

では後者の「ボールをラケットに当てている」意識についてです。つまり、ラケットは動かしません。ボールの軌道を予測し、その延長線上にラケットをセットするのです。

ラケットを動かさずにボレーするには、ボールの軌道を予測することが大切です。軌道を予測できれば、あとはその延長線上にラケットを構えて待つだけです。真ん中に当たれば、ボールもきれいに返ります。

ボレーが安定しておりとっさの時も上手く返るのは、上手く返らない人よりもラケットを動かしてないからだと考えられます。ボールの軌道を予測し、ラケット面をセットして待ちましょう。

まとめ

前者の「ラケットをボールに当てる」考え方は、ラケットを動かして打つことになります。常に動き続けるボールと動くラケット、動く物体同士よりも、静止している物体に動く物体を当てるほうが圧倒的にタイミングが合わせやすいです。

・ボールの軌道を予測し、
・その延長線上にラケット面を構える
・当たるのを待つ

どれだけ正確かつ迅速にボールを予測できるかがカギです。ボレーに限らず、軌道を予測する力はテニスの上達に欠かせません。試合でもラリーで主導権を握る為にも、「ボールの軌道を予測する」ことを改めて意識してみてください。

タイトルとURLをコピーしました